本文へスキップ

熊本県社交飲食業生活衛生同業組合は、スナック・ラウンジ・居酒屋等の飲食店を経営されている方の為の組合です。

新着情報TOPICS

熊本県が食中毒注意報を発令しましたNEWS

2016/07/27

平成28年7月27日

本年度第1回目の食中毒注意報を発令しました

 気温等の気象条件が「熊本県食中毒注意報発令要領」に定める基準に達したため、平成28年7月27日午前11時に、県下一斉に食中毒注意報を発令しました。

 気温、湿度とも上昇し、食中毒菌が非常に増えやすい気象条件になっています。

 食中毒予防の三原則を守り、食中毒の発生を防止しましょう。



食品衛生のルールを守りましょう

 ・食中毒防止の3原則は、細菌を「つけない」、「増やさない」、「やっつける」です。

 ・調理する人は必ずよく手を洗いましょう。

 ・調理場は整理、整頓し、清潔な服装で調理に従事しましょう。

 ・新鮮な原材料を用いましょう。

 ・ふきん、包丁、まな板などの調理器具を清潔にしましょう。

 ・ゴキブリ、ハエ、ネズミの駆除を徹底しましょう。

 ・調理は迅速に、作り置きはしないようにしましょう。

 ・冷蔵庫の過信は禁物です。詰めすぎず、庫内温度は常に10℃以下に保つようにしましょう。





家庭における食中毒の発生を防ぎましょう
 ・食品は中心部まで十分火を通しましょう。

 ・調理した食品はできるだけ早く食べましょう。

 ・行楽時には、食べ物(弁当など)を前日から作り置きしたり、車の中や直射日光の当たる場所に置いたりしないように注意しましょう。

 ・手に切り傷のある人は、手ぶくろをするなどして、おにぎり等食品に直接手で触れないようにしましょう。